2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年10月 »

『赤い手は滅びのしるし』第3回

今月2回目のD&D、『赤い手は滅びのしるし』第3回。

前回はヴラース砦に陣取っていた“竜魔将”コスらを撃退したPCたち。
赤い手軍の侵攻計画が書かれた地図を手に入れ、これからの行動に悩むところから今回は始まります。

そして、前回の最後にレベルアップしたPCたち。

ジェスタ
ペイロアのクレリック。回復力重視であるが、少人数パーティであることをいい事に支援もやたらめったら飛ばすパーティの要。「呪文大辞典」がもたらす数々の支援呪文はDMを困らす。本人も呪文選択で困っているようだが。

ティカ
スカウト/レンジャーの弓兵。機動戦闘の条件を満たすため四苦八苦している模様。後述のライオンの陰に隠れがちではあるが、ジェスタやラウンデルを支援を受けて手数で押してくると、とたんに手に負えなくなる。今回から呪文が使えるようになった。

ラウンデル
ドルイド/ウィザード/アーケイン・ハイエロファントの動物使い。相棒使い魔のフェル(ライオン)がやたらめったら強い。というか呪文で強化されて突撃された日にゃあ、ちょっとばかし敵を強化しても無意味。というか大型クリーチャーは邪魔だ。

しかし、今回はレコーダーを忘れたので記録なし
なので記憶から。
ネタばれ有りなので、とりあえず隠します。

続きを読む "『赤い手は滅びのしるし』第3回" »

『赤い手は滅びのしるし』第2回

今日はおよそ7ヵ月ぶりのD&D、そして『赤い手は滅びのしるし』でした。

前回は導入部のみで、ペイロアのクレリックが不吉な夢を見た上司に調査を命じられ“ドレリンの渡し”に赴いたところ、赤い手軍の先遣隊に襲われ撃退したところまでプレイしました。

なので、今回は“ドレリンの渡し”に到着してからになります。

といったところで簡単にパーティ構成を紹介。
ちなみに、人数少ないのとちょっと高レベルで(DMが)遊びたかったので、7レベルで作成してもらいました。
後悔する事もありますが、これはこれで面白いので良し。

ジェスタ
ペイロアのクレリック。回復力重視であるが、少人数パーティであることをいい事に支援もやたらめったら飛ばすパーティの要。デンパな上司に命じられ、“ドレリンの渡し”に赴いた。

ティカ
スカウト/レンジャーの弓兵。機動戦闘の条件を満たすため四苦八苦している模様。このセッションでは後述のライオンの陰に隠れがちではある。“得意な敵”はゴブリン。

ラウンデル
ドルイド/ウィザード/アーケイン・ハイエロファントの動物使い。相棒使い魔のライオン(名前はフェル)がやたらめったら強い。というか呪文で強化されて突撃された日にゃあ、ちょっとばかし敵を強化しても無意味。

という3人。
実は明確な前衛がいないという、なんともアンバラスなパーティだったりします。ティカが前衛と言えば前衛だけど。フェルもダメージ・ディーラーなんだけど、遠隔攻撃メインという。

以下、ネタばれ有りなので、隠します。



続きを読む "『赤い手は滅びのしるし』第2回" »

夏の風物詩と言うこともできるが、そうそう目の当たりにする事じゃない気がする

通勤途中、何気に街路樹を見たら、珍しいものが目に入ったので撮ってみた。

Dsc00084a

これは午前8時頃の状態。
夏休みですから学生はあまりいませんでしたが、それでも通勤通学途中の何人もがすぐそばを通り過ぎて行きました。
なのに、カメラを構えていたのは私一人だけ。
案外、みんな気付かないものですな。

Dsc00086a

2時間後の午前10時頃。仕事で外回り中にパチリ。
この1時間後には飛び立ってしまい、ぬけ殻だけになっていました。

ちなみにこの街路樹、1週間ほど前にもセミの幼虫がいました。
その時は午後6時くらいで、方向を見失っていたのか誤って歩道に出ていて、そのままだと死んでしまうと思い、街路樹に這わせてやったところ、翌朝無事にぬけ殻だけになっていました。

それにしても、まさかセミの羽化に出くわすとは思いもしませんでしたね。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年10月 »

TRPG