2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 本日の買物 | トップページ | キャラクターを作ろう(ティーフリング:クレリック編)補足 »

キャラクターを作ろう(ティーフリング:クレリック編)

キャラクター作成の3人目はティーフリング:クレリックです。

プレイヤーズ・ハンドブックのティーフリングの項目によれば、信仰の道を進むティーフリングは稀だそうな。
ティーフリングはデヴィルの血脈なので、疑いの目で見られ、憎悪の対象となり、迫害されてきた歴史があります。そのため、他者を信じず、頼みは自らのみという種族的性格を持っています。

だからこそ逆に、信仰を持つようになったティーフリングは頑なに信仰を守ろうとしそうですねぇ。

【種族】ティーフリング
【クラス】クレリック(バハムート)

【筋力】12(+1)
【耐久力】10(+0)
【敏捷力】9(-1)
【知力】12(+1)
【判断力】18(+4)
【魅力】15(+2)

【ヒットポイント】22
【回復力使用回数】7

【イニシアチブ】-1
【移動速度】5マス

【アーマークラス】16(チェインメイル)
【頑健防御値】11
【反応防御値】11
【意志防御値】16

【近接基礎攻撃】グレートクラブ=+3近接(2d4+1)
【遠隔基礎攻撃】

【技能】
〈威圧〉+2
〈運動〉+0
〈隠密〉+0
〈軽業〉-2
〈看破〉+4
〈交渉〉+2
〈持久力〉-1
〈事情通〉+2
〈自然〉+4
〈宗教〉+6
〈知覚〉+9
〈地下探検〉+4
〈治療〉+9
〈盗賊〉-2
〈はったり〉+4
〈魔法学〉+6
〈歴史〉+1

【特技】
《儀式修得者》(自分のレベル以下の儀式を習得し、執り行う事が出来る)
《バハムートの鎧》(チャネル・ディヴィニティ:アーマー・オヴ・バハムート(射程内の味方1体に対するクリティカル・ヒットを通常のヒットに変える)を使用できる)

【種族特徴】
手負い狩り(重傷の敵への攻撃ロールに+2)
[火]に対する抵抗([火]に対する抵抗(5+1/2Lv)を得る)
インファーナル・ラス(遭遇毎パワーを参照)
夜目

【クラスの特徴】
癒し手の知恵([回復]祈祷による回復ヒット・ポイント量に+【判】修正値)
《儀式修得者》特技をボーナス特技として得る
チャネル・ディヴィニティ(1遭遇に1回使用できるパワーを得る)
ヒーリング・ワード(1遭遇に2回使用できる[回復]パワーを得る)

【習得言語】共通語、ドワーフ語

【無限回パワー】
セイクリッド・フレイム(【判】対“反応”、1d6+【判】修正値の[光輝]ダメージ、視界内の味方一人は一時ヒット・ポイントを得るか1回のセーヴィング・スローを行える)
ランス・オヴ・フェイス(【判】対“反応”、1d8+【判】修正値の[光輝]ダメージ、視界内の味方一人は目標に対する攻撃ロールに+2)

【遭遇毎パワー】
コーズ・フィアー(【判】対“意志”、目標は使用者から遠ざかる方向に逃走する、この移動は機会攻撃を誘発する)
インファーナル・ラス(自分の1つ前以降に自分にヒットさせた敵1体に対する次の1回の攻撃ロールに+1、ダメージに【魅】修正値に等しい追加ダメージ)

【一日毎パワー】
ビーコン・オヴ・ホープ(【判】対“意志”、目標を弱体化する、使用者および爆発の範囲内にいた見方すべては5ヒット・ポイント回復する、遭遇終了まで使用者の[回復]パワーに+5)

【筋力】で対抗するパワーは避け、【判断力】あるいは【魅力】が関わるパワーを選択。
神格をバハムートにしたのは、ティーフリングという忌まわしい出生に反抗して、という設定。

« 本日の買物 | トップページ | キャラクターを作ろう(ティーフリング:クレリック編)補足 »

D&D」カテゴリの記事

TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の買物 | トップページ | キャラクターを作ろう(ティーフリング:クレリック編)補足 »

TRPG