2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 本日の買物 | トップページ | 本日の買物 »

D&D4版のキャラクターをとりあえず作ってみよう

D&D4版のPHBが発売されて1カ月以上経ちましたが、そう言えば未だにキャラクターを作ってもいませんでした。
ぶんげい会で遊ぶかどうか分かりませんが、模擬戦くらいはしておきたいですし。
という事で、とりあえずキャラクターを作ってみようという事にしました。

最初ですから基本的なクラスであるファイター、ローグ、クレリック、ウィザードの4種を作ります。
種族は、そうですね、ダイスで決めてしまいましょう。それによってキャラクター作成のコンセプトも変化をつけられるでしょう。

では、早速。1:エラドリン、2:エルフ、3:ティーフリング、4:ドラゴンボーン、5:ドワーフ、6:ハーフエルフ、7:ハーフリング、8:ヒューマンで一度選ばれた種族は振り直しにしてっと、


ファイター:ハーフエルフ
ローグ:エルフ
クレリック:ティーフリング
ウィザード:ハーフリング

というやや微妙な結果になりました。
ローグ:エルフだけが真っ当な組み合わせだと思われます(エルフは【敏捷力】と【判断力】にボーナスが付くので)。これについては普通に作れそうです。
反対に、クレリック:ティーフリングなんて、どうすれば……。ボーナスが付く能力は【知力】と【魅力】なのに。ロールプレイ的にはおいしい組み合わせなんですけれど(ティーフリングはデヴィルの末裔)。
ファイター:ハーフエルフは【耐久力】にボーナスが付くから、なんとか調整はできそうです。問題は【耐久力】自体の重要性が薄い事ですが。
ウィザード:ハーフリングは【知力】にボーナスが付かないものの、【敏捷力】にボーナスが付くし、“機敏な対応”(機会攻撃に対するACに+2)や“セカンド・チャンス”(敵の攻撃を再ロールさせる)というパワーがあるから、若干前のめりなウィザードが作れそうな感じです。

« 本日の買物 | トップページ | 本日の買物 »

D&D」カテゴリの記事

TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の買物 | トップページ | 本日の買物 »

TRPG