2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 本日の買物 | トップページ | 本日の買物 »

D&D4版:種族

2回目は種族です。
種族に関するフレーバーは公式サイトを参照してもらうとして、ここではそれぞれが持つ「種族パワー」を紹介しようと思います。

ちなみに、「パワー」というのは4版になって導入された記述方法で、呪文(3.x版では秘術呪文)、祈祷(3.x版では信仰呪文)、武技(3.x版では未訳サプリ『Tome of Battle』に掲載)、特技(3.x版と同じ)などありとあらゆる特殊能力の事を指します。
詳しくは、後日に。

エラドリン
種族パワーは「フェイ・ステップ」。5マスの瞬間移動。

エルフ
種族パワーは「エルヴン・アキュラシィ」。攻撃ロールを再ロール。

ドラゴンボーン
種族パワーは「ドラゴン・ブレス」。[酸]、[電撃]、[毒]、[火]、[冷気]のいずれかのブレスを吐く。

ドワーフ
種族パワーはなし。
強制移動されにくい(パワーや突き飛ばしによって強制移動させられる事がある)

ティーフリング
種族パワーは「インファーナル・ラス」。自分の攻撃がヒットした敵に対する次の攻撃ロール、ダメージ・ロールにボーナス。

ハーフエルフ
種族パワーはないが、自分のクラス以外のクラスの無限回攻撃パワーを1つ得る(ただし遭遇毎パワーになる)。

ハーフリング
種族パワーは「セカンド・チャンス」。敵の攻撃ロールを再ロールさせる。

ヒューマン
種族パワーはないが、自分のクラスの無限回攻撃パワーを1つ多く得る。

« 本日の買物 | トップページ | 本日の買物 »

D&D」カテゴリの記事

TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の買物 | トップページ | 本日の買物 »

TRPG