2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« D&D4版:クラス | トップページ | 本日の買物 »

D&D4版:クラス(制御役、撃破役)

クラスの解説は長くなりますので、分割しました。
今回は制御役のウィザードと撃破役のウォーロック、レンジャー、ローグの4種を解説します。

ウィザード
制御役。よくネタにされていますが、マジック・ミサイルは命中判定が必要になり、目標は1体のみになりました。
ただ、無限回パワーにも範囲呪文があり、ミニオン(雑魚)を掃討する際には役立ちます。

ウォーロック
撃破役。単体・遠隔呪文パワーを駆使します。“ウォーロックの呪い”によって、敵を弱体化させたり追加ダメージを与えたりすることもできます。
また、「妖かしの契約」により、パワーに追加効果を得る場合があります。地獄、フェイ、星の3種から選び、パワーの選択はそれに限定されますが、それぞれ に恩恵もあります(例:地獄の契約の場合、“ウォーロックの呪い”を受けている敵のヒット・ポイントが0以下になった時に一時ヒット・ポイントを得ま す)。

レンジャー
撃破役。弓術もしくは二刀流を得意とします。特に二刀流はレンジャーでなければ不可能になっています。
また、“獲物”を指定すると追加ダメージを得ます。高レベルの“構え”パワーもかなり凶悪だったりします(ペナルティを被りますが、命中する限りは攻撃が続けられる「フォローアップ・ブロウ」とか)。
パワーの効果は自己強化が多いようです。

ローグ
撃破役。3.x版同様、急所攻撃による追加ダメージを得ます。ただし、条件はやや異なります。
パワーの効果はレンジャーと異なり、敵の弱体化やシフトなどが多いようです。

« D&D4版:クラス | トップページ | 本日の買物 »

D&D」カテゴリの記事

TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« D&D4版:クラス | トップページ | 本日の買物 »

TRPG