2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 本日の買物 | トップページ | D&D4版:儀式 »

D&D4版:戦闘その2

戦闘に関するルールその2です。
今回は3.x版からの変更部分もありますが、4版から追加になった要素(回復とアクション・ポイント)を書き連ねてみました。

死亡と瀕死状態
ヒット・ポイントが0以下になった時点で、気絶状態かつ瀕死状態になります。
瀕死状態の間、ターン終了時毎に“死亡セーヴィング・スロー”を行い、3回失敗すると死亡します。
また、重症値(最大ヒット・ポイントの半分)に-(マイナス)をつけた値以下になったら、その時点でも死亡となります。

回復
4版では自力で回復することが可能になりました。アクション名は“底力”。1遭遇に1回だけ使用できます。
回復力は最大ヒット・ポイントの4分の1、1日の回復力使用回数はクラスと【耐久力】修正値によって決まります。

アクション・ポイント
1遭遇に1回、アクション・ポイントを消費することにより、追加で1回のアクションを得ます。そのアクションは、標準/移動/マイナー・アクションのどれかを選べます。
アクション・ポイントはマイルストーン(大休憩を挟まずに2回の遭遇と乗り越える)ごとに1点を得るが、大休憩を取るとすべて失います。

休憩
休憩には小休憩と大休憩があります。
小休憩は遭遇と遭遇の間に取られる休憩で、遭遇毎パワーを回復したり、回復力を使用してヒット・ポイントを回復したりします。時間的には5分程度。
大休憩は少なくとも睡眠を6時間取る休憩を指します。遭遇毎パワーと一日毎パワーが回復します。ヒット・ポイントと回復力もすべて回復します。

« 本日の買物 | トップページ | D&D4版:儀式 »

D&D」カテゴリの記事

TRPG」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

TRPG