2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 『十二秘色のパレット』4巻 | トップページ | 『地底の城砦』をプレイします »

THE GAMERS

THE GAMERS:DIRECTOR'S CUT

この作品はGEN-CONファンフィルムフェスティバルにて公開され、大賞を受賞した作品です。
映像も音楽もはっきり言ってチープですが、TRPGを遊んでいる者にとっては笑いを誘うシチュエーションが満載の作品です。
ちなみに、作中で遊ばれているゲームは「20出ろ」とか言っているので、『
Dungeons&Dragons』かd20systemの何かのようです。

さて、ストーリーはと言いますと、
「ある夜、試験前夜の学生寮の一室に、5人のゲーマーが集まり、会話型RPGのセッションを開始した。やがて彼らは、自分たちで作り上げたファンタジーの世界へ引き込まれていく・・・」
(以上、DVD付録より引用)
だそうです。
たしかに、オチだけ見ればそんな風に受け止めることもできるかもしれません。


ですが、ホントのところは、プレイ風景にイメージ映像を載せて、みたいな作品です。
例えば、

最近
彼女ができたプレイヤーがもう3回連続で欠席していたり、
NPC化しているキャラクターの存在が
しょっちゅう忘れ去られてたり、
前回までのセッションの内容を忘れていたり、
寝ているはずのキャラクター担当プレイヤーが発言したり、
途中でキャラクターが死んだ(しかも
仲間に殺された!)り、
遅れてきたプレイヤーがまたすぐに抜けたり、
途中で新キャラクターがパーティに
唐突に参加したり、
死んだ(殺した)キャラクターの
荷物を漁ったり、
マスターとプレイヤーがルールで揉めたり、
欠席しているプレイヤーのキャラクターが
体よく盾扱いされたり、
ラスボスを倒されたマスターが喜ぶプレイヤーを尻目に
渋い顔をしていたり、

などという光景を映像化しています。
TRPGとあまり関係ないところもありますが。
特に、彼女ができて最近セッションを休みがちなプレイヤーのくだりは。
微妙に、
彼女ができたことを妬んでいたりしてますが。


まぁ、二度も見ないでしょうが、一度くらいは見てみるのも一興でしょう。

« 『十二秘色のパレット』4巻 | トップページ | 『地底の城砦』をプレイします »

映画」カテゴリの記事

TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: THE GAMERS:

« 『十二秘色のパレット』4巻 | トップページ | 『地底の城砦』をプレイします »

TRPG