2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 『地底の城砦』をプレイします | トップページ | 『地底の城砦』レギュレーション覚え書き »

戦士大全の基本クラス

キャラクターを1レベルから作成する時に取れるクラス、それが基本クラスです。当たり前ですが。
PHBに掲載されている基本クラスは11種。

ウィザード
クレリック
ソーサラー
ドルイド
バード
バーバリアン
パラディン
ファイター
モンク
レンジャー
ローグ

これだけでも十分だと思うのですが、アメリカ人は上級クラスだけでなく基本クラスも次から次へと増やしてしまいました。
まずは大全シリーズ収蔵分から紹介してみましょう。
今日は『
戦士大全』から



サムライ
我々には馴染み深いサムライ(侍)ですが、D&Dでは二刀流に特化し武士道を重んじるクラスといった感じです。
二刀はカタナ(高品質のバスタード・ソード)とワキザシ(高品質のショート・ソード)に限定されていますが、二刀流を極めるなら選んでもいいかも。
ただ、盾を習熟していないので、アーマー・クラス(AC)にやや不安があります(鎧はすべて習熟している)。〈威圧〉で相手の士気を崩し(怯え状態にする――相手の判定にペナルティ)ながら、というのが基本戦術になるかも。


スワッシュバックラー
いわゆる軽戦士。ローグのファイター寄りクラスと言うのがぴったり。
軽戦士らしく軽装鎧しか習熟していないし、中装鎧や重装鎧を着ていたり中荷重以上の時は特殊能力のほとんどが使えなくなるという欠点もありますが、レベルが上がるとACにボーナスが貰えたりして、不足気味のACを補ってくれます。
クラス技能もファイターと比べ物にならないほど多いので、知力が高い戦士にはうってつけかもしれません。


ヘクスブレード
わずかだけれども秘術呪文を使える剣士。
しかし、そのわずかな秘術呪文が強力。ファントム・スレット(対象は挟撃されていると思い込む)、インヴィジビリティ(不可視状態にする)、ブルズ・ストレングス(【筋力】にボーナス)、ディメンション・ドア(短距離の瞬間移動)など、役立つ呪文が揃っています。
しかも、軽装鎧に限りますが、鎧による秘術呪文失敗率を無しにできたりします。
相手にペナルティを与える「ヘクスブレードの呪い」、セーヴィング・スローの強化「耐え抜く力」、攻撃を受けにくくなる「強運のオーラ」といった特殊能力も便利です。

« 『地底の城砦』をプレイします | トップページ | 『地底の城砦』レギュレーション覚え書き »

D&D」カテゴリの記事

TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『地底の城砦』をプレイします | トップページ | 『地底の城砦』レギュレーション覚え書き »

TRPG