2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« エベロンワールドガイド | トップページ | エベロンの追加クラス »

エベロンの追加種族

エベロンの一大陸であるコーヴェアでは「最終戦争」がおよそ1世紀の間、続いていた。コーヴェア大陸を広く支配していたガリファー王国の王座を巡った戦争だった。
だが、その戦争はスローンホールド条約の調印によって終結した。
ガリファー王国は12の国家に分裂し、戦争終結からおよそ2年の月日が流れた……


――というのがエベロンの主要大陸であるコーヴェアの現在です。
エベロン・ワールドガイドはそのコーヴェアについて書かれています。
もちろん、追加データも載っています。
なかなか読み進まないのですが、少しずつ紹介しようと思います。
今回は種族から。



種族
PHB収蔵の主要種族の他に4種追加されています。


ウォーフォージド
最終戦争に投入された生ける人造クリーチャーで、感覚と自由意志を持つ。
彼らは黒曜石や鉄、銀などを組み合わせて作られた体を持つが、繊維のように束ねられたしなやかな金属によって柔軟に動く。
彼らには性的な肉体的特徴はなく、属性は真なる中立が一般的。感覚と自由意志を持つため道徳的な思索を行うことができるが、戦うために造られたので道徳的な理想を追い求めるようにはなりにくい。
また、それゆえに宗教にも関心が薄い。

ゲーム的には、
・自然治癒しない
・[精神効果]に対する完全耐性を持たない(人造は完全耐性を持つ)
・[即死]効果を受ける
・一部の治癒呪文が通常の半分しか効果を及ぼさない
・金属に効果を及ぼす呪文の影響を受ける場合がある
・睡眠も食事も必要ない
・しかし、食事によって得る効果を受けることができる
・また、呪文準備には通常通り睡眠による休息が必要
・複合装甲のため、鎧ボーナスと累積しない
・クリティカル・ヒットや急所攻撃を一定の確率で無視できる
・【耐久力】にボーナス、【判断力】【魅力】にペナルティ
などがある。



カラシューター
ダル・クォールという名の“夢の領域”から訪れた非実体の存在と人間が結びつき生まれた種族。
彼らは豊かな知性を持っていると同時に、感性を優先する傾向にある。そのためか、精神的な能力――サイオニック能力を先天的に持っている。
また、彼らはダル・クォールから追放され故郷に戻れない放浪者であり、“夢の領域”の住人であったために夢も見ないゆえに、精神的に不安定で狂気を顕すことがある。その狂気から逃れるために、修行僧のごとき自己鍛錬の精神を持っている。属性は秩序にして善。
属性ゆえか自己鍛錬の精神ゆえか、彼らは“光の道”という独自の宗教を持っている。この宗教は生命を脅かす暗黒の勢力との戦いに備えていると言う。

ゲーム的には
・[精神作用]の呪文や効果に対してのセーヴィング・スローにボーナス
・夢を見ることがないため、夢を見ることに依存する効果に耐性がある
・先天的にサイオニック能力があるため、追加でパワー・ポイントを得る
・擬似サイオニック能力:マインドリンクを持つ
などがある。



シフター
コーヴェアからほとんど絶滅してしまった生来のライカンスロープと人間の子孫。“ワータッチト”とも呼ばれる。
彼らは祖先のような完全な形態変化は出来ないが、動物的特徴を具現化――“シフティング”することが出来る。
性格は具現化する動物の本性に影響される。ライカンスロープの多くが捕食者的個性を持っているが、シフターも同様である。
また、独立独行で適用性に優れているためか、属性は通常真なる中立。
宗教も、人里離れた土地を好むことから、ドルイド的な宗教に傾倒しやすい。

ゲーム的にはシフティング能力がメインだが、6つある特性のうち一つを選ぶようになっている。
・獣皮…【耐久力】とACにボーナス
・長歯…【筋力】にボーナス。肉体武器として使用可能な牙が伸びる
・崖歩き…【敏捷力】にボーナス。登攀速度が上がる
・カミソリ爪…【筋力】にボーナス。肉体武器として使用可能な爪が伸びる
・大股…【敏捷力】にボーナス。基本地上移動速度が上がる
・野狩り…【耐久力】にボーナス。鋭敏嗅覚能力を得る



チェンジリング
ドッペルゲンガーと人間の混血。
彼らはドッペルゲンガーのような完全な変身能力は持たないが、効果的な偽装に長けている。
ドッペルゲンガーの血を濃く受け継いでいるため、外見自体は人間とあまり似ていない。特に顔は、鼻や唇は形跡があるだけだし、目は真っ白いままである。
また、彼らは法やモラルをさほど気にせず、自らの関心事に取り組む傾向にある。そのため属性は中立寄りである。

ゲーム的には、
・睡眠と魅惑の効果に対するセーヴィング・スローにボーナス
・生来の騙し屋のため、〈威圧〉〈真意看破〉〈はったり〉判定にボーナス
・下級変身:ディスガイズ・セルフの呪文を使っているような変身能力
などがある。



――以上がエベロンで追加された種族です。
ウォーフォージドがエベロンでも象徴的な種族(DDOでも選べますし)ですが、チェンジリングなんかも面白そうです。私が持ってる外見イメージは『銀河鉄道999』のクレアなんですけど。

……たとえが古いという。

« エベロンワールドガイド | トップページ | エベロンの追加クラス »

D&D」カテゴリの記事

TRPG」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

TRPG