2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« エベロンの追加種族 | トップページ | ドラゴンマーク »

エベロンの追加クラス

エベロンは高度に秘術魔法が発達した世界です。
「充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない」とはSF作家アーサー・C・クラークの言葉ですが、魔法がリアルでない私たちにとってエベロンはまさにその逆、「充分に発達した魔法は、科学技術と見分けが付かない」世界です。

前回はその世界に生まれた新たな種族を紹介しましたが、今回はエベロンに生まれた新たなクラスを紹介します。
彼らはまさにエベロンだからこそ発生した特徴を持つクラスです。

では、彼らを紹介しましょう。


基本クラス
追加クラスの紹介の前に、従来のクラスの中で重要な変更があったクレリックを少々説明したいと思います。

エベロンは属性の規制がゆるい世界で、クレリックに関しては属性の縛りがほぼ皆無と言っても良いほどにゆるくなりました。
まず、クレリックは信仰する神格の属性のずれが1段階以下でなければなりませんでしたが、これが無くなりました。
さらに、善のクレリックが[悪]の呪文を発動することができるようになりました。繰り返し使えばクレリックの属性は変化するかもしれませんが、神格はそのような行為を妨げません。
また、教義に背いたクレリックは処罰を受けます(受けない場合もあります)が、呪文やクレリックの特徴を失わなくなりました。
この属性のゆるさは、エベロンの信仰が神格ではなく教会に帰属している事も関係しているかもしれません。一つの教会が複数の神格を崇めている事もありますので、信者もそれに合わせて信仰していますから。

さて、クレリックの属性の変更についてはこれくらいにして、追加された基本クラスを紹介します。

アーティフィサー
彼らはあらゆる呪文に精通していると言ってもいいだろう。
しかし、彼らは呪文を唱えることはできない。
その代わり、彼らはワンドや巻物からほとんどの呪文を使うことができ、普通のアイテムに一時的に魔法の力を吹き込んだり(“鼓吹”と言う)、損害を受けた構造物を修復したり、魔法のアイテムを能力を変化させたり、またそれら魔法のアイテムを作ったりできる。
ゲーム的には
・鼓吹:アイテムに一時的に魔法の力を吹き込む
・罠無効化:〈捜索〉技能で罠を見つけることができる。また〈装置無力化〉技能で魔法の罠を解除できる
・アイテム作成:レベルに応じて、巻物、ワンド、ロッド、スタッフ、リング、魔法の武具防具を作ることができる
・ホムンクルス作成:ホムンクルスを作ることができる
などがある。



上級クラス
エベロン・ワールドガイドには8つの上級クラスが紹介されています。
上級クラスになるためには必要条件を満たさなければなりませんので、今回は簡単な紹介にとどめます。

ウォーフォージド・ジャガーノート
自由意志を持つ人造としての側面を犠牲にして、ウォーフォージド本来の目的である戦闘マシンとして生きる事を目指したウォーフォージドのクラス。

エア・オヴ・シベイ
シベイ・マークという強力で独特なドラゴンマークを顕在させたクラス。

エクストリーム・エクスプローラ
文字通りの“冒険者”で、秘密と危険を好み、古代遺跡を探索するクラス。

エクソシスト・オヴ・シルヴァー・フレイム
超自然的な邪悪と戦うことを使命とするシルヴァー・フレイム教会に属する戦士。彼らはクレリックであり、パラディンである。

エルデン・レンジャー
エルデン・リーチの原住民たるオークのドルイド的伝統を伝える特殊なレンジャー。

ドラゴンマーク・エア
ドラゴンマークを顕在させている者(2~300人に一人くらいかと思われる)の中でも特に優れた者たち。

マスター・インクィジティヴ
探偵。

ワータッチト・マスター
シフティング能力を極めた(先祖がえり?)シフターがなるクラス。完全な形態変化ができる。



――以上がエベロン・ワールドガイドで追加された基本クラスおよび上級クラスです。
この中では……そーですね、
エクソシスト・オヴ・シルヴァー・フレイムがもっともお奨めでしょうか。なぜなら、シルヴァー・フレイム教会のトップである“炎の護り手”ジャエラ・ダランは12歳の美少女






(どこかへ連れて行かれたという)

« エベロンの追加種族 | トップページ | ドラゴンマーク »

D&D」カテゴリの記事

TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エベロンの追加種族 | トップページ | ドラゴンマーク »

TRPG