2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ローグ強化案装備編 | トップページ | 護くんに女神の祝福を! »

小市民シリーズ

先月から、なぜか急に思い立って今まで積んでいた本を消化するようになりました。
そのきっかけとなったのが、

米澤穂信著『
春季限定いちごタルト事件』と『夏季限定トロピカルパフェ事件』(東京創元社/創元推理文庫)

の2冊です。

3年ほど前までライトノベルを中心に買い漁っていた(しかし積んでおくだけ)のですが、金銭的な理由――主に『Dungeons&Dragons』の日本語版ルールブックおよびサプリを購入するようになったため――で、よほど「読みたい!」とか「これは買っておかなきゃ!」と思わない限りは買わなくなってしまいました。

そんな日々の中、私が学生時代に何度も読み返した『
ベルガリオン物語』が再販されたので、毎月毎月『マロリオン物語』(もちろんどちらも前の版も持ってます)完結まで文庫本売り場に通いました。
そして、たまたま『マロリオン物語』のすぐそばに置いてあった『夏季限定トロピカルパフェ事件』を目にした時、なぜかひどく気になって手に取ってみて、いつものように解説(もしくはあとがき)から読んでみました。

「本格ミステリか……」

裏表紙のあらすじと「本格ミステリ」というキーワードから、『
金田一少年の事件簿』あるいは『私立霧舎学園ミステリ白書』のような作品と感じ、「たった2冊だし」と軽い気持ちで購入してみました。

実を言うと、私はそれほどミステリ好きではありません。前述の2作品は読みましたが、だからと言って他のミステリ作品は数えるほどしか読んでいません。新刊を必ず買うミステリ作家は思いつくだけで、太田忠司霧舎巧の二人だけです。
もちろん他のミステリ作家の作品を買わないわけではないけれども、それも気が向いたときだけです。
なので、『春季限定~』『夏季限定~』も積読になるだろうなと思っていました。

「やっべ、おもしれぇ……」

実際に読んでみると、面白い。
小市民を目指す小鳩君と小佐内さんの高校生コンビを中心にすえ、周囲に起こる事件やちょっとした謎を小鳩君が解き明かすという、ライトノベルにはありがちっぽい設定ですが、青春小説ぽくもあり、ミステリ小説でもあり、なんとなくお得な気分です。
もっとも、「小市民を目指す」という事は、小鳩君と小佐内さんの二人は小市民ではない事の裏返しでもあります。二人が何ゆえに小市民を目指すようになったかは、それは読んでみてください。

絶対とは言えませんが、少なくとも『金田一~』と『霧舎学園』を楽しんで読める人にはぴったり来る作品だと言えるでしょう。

« ローグ強化案装備編 | トップページ | 護くんに女神の祝福を! »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小市民シリーズ:

« ローグ強化案装備編 | トップページ | 護くんに女神の祝福を! »

TRPG