2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 近接攻撃中のクリーチャーへの遠隔攻撃 | トップページ | 5フィート・ステップの制限 »

運搬した荷物の量

「牽引する馬がいなくなった荷を人間が運ぶ」というシチュがあったわけですが。

一頭だての荷馬車としましょう。
ライト・ホース(小型馬(大型の動物))の運搬能力は最大で2250ポンド。
二輪馬車の重量が200ポンド。
となると、積載量は差し引き2050ポンド。
しかし、馬車は当然車輪ですから運搬に有利です。
重量を半分換算すれば、4300ポンドの積載量となります。
(馬車200/2=100、運搬能力2250-100=換算積載量2150、2150*2=実際積載量4300)

4300ポンドの毛皮……約2トンの毛皮っておよそ614着分の防寒服かぁ。
8gp×614着=4912gpかぁ。

良好な食事が1日5spだから9824日分……すげぇ、ぼろ儲けだ。

もっとも実際は諸経費(原価や護衛費とか)が引かれるけど、それでもいい儲けに違いない。危険を顧みない商人が多いのもうなずけます。

ちなみに、押し引きは最大荷重の5倍ですから、今回のシチュであれば、筋力16のキャラが二人いれば馬車を引いていけるわけですな。耐久力判定が必要でしょうけれど。
(筋力16だと最大荷重が230、押し引きは1150になるので二人だと2300)

« 近接攻撃中のクリーチャーへの遠隔攻撃 | トップページ | 5フィート・ステップの制限 »

D&D」カテゴリの記事

TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近接攻撃中のクリーチャーへの遠隔攻撃 | トップページ | 5フィート・ステップの制限 »

TRPG